Fun for the Staff仲間と楽しく

仲間と楽しく

私たちは、仲間と喜びを分かち合い、助け合い、 互いに高めあう強い絆で結ばれたチームで行動します。 常にお客様に感謝し、地域社会に感謝し、そして仲間に感謝することは もちろん、仲間を信じ、会社の夢を共有し、誰でもヒーローになれる 可能性を持った企業風土を築いて、強いチームワークを醸成します。
すべては仲間たちのために。

PICK UP

はじめは誰だって不安
2006年入社 加藤 祐規(かとう ゆうき)

大学卒業後、2006年に入社し、13年目となりました。店舗配属から広報・人事と本社を経験したのち、現在は“店長になる”という夢を叶えるため、店舗管理の実践をしています。部署や立場が変われば、業務内容は大きく変わってきます。その中で、悪戦苦闘することももちろんあります。それでも前向きに楽しく仕事ができています。その一つ目の理由は、職場環境の良さです。どの部署においても雰囲気は最高でした。私には子供が3人おりますが、全員の出産に立ち会うことができました。それは妻の出産状況を気に掛け配慮してくださり気持ちよく送り出してくれた仲間のおかげです。次に感じたことは教育制度が整備されていることです。異動後に新たな仕事で、足りない知識があって不安に思うのは当然で、社内での育成はもちろんですが、私がよく利用したのがM3という自己啓発制度です。ピーアークには様々な研修制度が用意されていますが、その中の一つにMy Mission Management=通称M3という、社外研修に掛かる費用を会社が8割負担してくれる制度があります。自己能力向上意識が高い人材を会社が支援する制度で、私も異動後は新たな知識をインプットするためこの制度を活用しました。
それ以外にも2万円までの領収書を提出すると戻ってくる制度(カフェテリアプラン)や職場交流を深めることを目的に支給されるPコンパなど、ピーアークには新しい環境になっても安心して仕事のできる環境整備がされています。 話は少し脱線しますが、ピーアークには結婚休暇というものがあります。私は12連休をもらい、新婚旅行を満喫してきました。当時の上司も10連休をもらったといっていました。そんな制度も皆が利用しています。

研修

研修

~自分を成長をさせるきっかけが盛りだくさん!~

入社後にはまず2週間の新入社員研修があり、社会人としての自覚や店舗業務の基礎知識を身に付けていただきます。その後も月に一度研修が行われます。更に2年目以降も定期的にフォローアップ研修が実施されます。
それ以降も役職や求められるスキルに応じて、研修の場が用意されています!
他にも社内研修だけでなく、社外研修を推奨・支援する制度もあり、自分を成長させたい方を全面的にバックアップしています。

海外研修

海外研修

~研修は国内だけに留まらず~

年に一度、様々な挑戦で成果をあげた特に輝いていた社員が選抜され、海外研修に派遣されています。行先はここ数年のシンガポールをはじめ、過去にはマカオやラスベガスも!
共通点はおわかりになるでしょうか。海外での「楽しい」体験を持ち帰り、お客様へ「楽しい」を届けています♪

*海外研修* PICK UP

海外研修

チーフとしてリーダーシップを発揮していること、店舗対抗の取り組みのひとつ“冬チャレ”における積極的参加が評価され、海外研修に選ばれました。正直、チーフに昇格したばかりで皆を引っ張っていかなければいけない、とプレッシャーを感じることもありましたが、それを支えてくれる環境がピーアークにはあります。
研修先のシンガポールでは“初めての体験”がいっぱいでした。先輩たちとバンジージャンプをしてみたり、不思議な食べ物を食べたり、道端で国際交流してみたり、カジノに行ってギャンブルを体験してみたり。そんな非日常の体験から様々な気づきを得て、また頑張ろうと日々精進中です。海外研修は毎年約20名の社員が選抜されます。

海外研修参加にはいくつかの条件があります。

  • ヒーロー・ヒロイン制度 年間グランプリ(Funエピソード受賞)
  • 接遇・環境設備の覆面調査による店舗ランキング年間総合1・2位を獲得(CPC調査)
  • 事業会社による推薦(インセンティブ)
  • ワクワクチャレンジ・その先商品化ラボ 表彰者(夏チャレ・冬チャレ)

などの条件を満たすと晴れて海外研修への参加となります。社歴に関係なく全員に可能性があり、人事部の依田さんも入社2年目と5年目に事業会社推薦枠・その先商品化ラボグランプリ受賞で海外研修(マカオ・香港、シンガポール)に参加しています。

2011年入社 近藤 綾美(こんどう あやみ)

2011年入社 近藤 綾美(こんどう あやみ)

新卒で入社し店舗、本社を経験。本社では接客に関して徹底的に学び、現在はチーフとして現場を任されています。
育児休業も取得しましたが、産休前・復帰前のフォローがしっかりしていてスムーズに復帰できました。
ピーアークは女性が働きやすい制度が整えられており、とっても安心です♪入社後、いつかお会いした際には是非色々話を聞かせてくださいね!

サークル

サークル

~趣味も楽しく全力投球!~

仕事から離れたところであっても、何かに打ち込む人をピーアークは全力でサポートします。休日数が充実していることもあり、学生時代から続けてきたスポーツを社内で続ける人もたくさんいます♪野球、フットサル、ゴルフ、最近は若手が作ったバスケットボールサークルも!インドアで楽しみたい人にはボードゲームサークルのような変り種も!

Ambitious’20

Ambitious’20

~若手社員の声を経営トップへ届けます♪~

定期的に若手社員が集まり社長へ自分たちのアイディアや普段から考えていることを伝える場が用意されています。テーマはおもてなしや地域貢献など日々の業務に関連したものから、会社の未来に関することまで様々です。雰囲気も会議のような堅苦しいものではなく、写真のようにディスカッション形式のざっくばらんなものになっています。昨年は入社3ヶ月の新入社員が社長に物申す場面もありました!

共済会

共済会

~楽しみながらチームワークアップ!~

Pコンパは店舗・部署ごとに年に3回懇親会の開催を会社が補助してくれる制度です。それを支える共済会とは従業員による従業員のための会です。特に入社したばかりの社員にとっては職場を離れたところで上司や先輩の方々と親睦を深めることができる場として、毎年とても重宝されています。仕事中は見られない意外な面が見られるかも?!
この他にもカフェテリアプランとして、ポイントを使用して自分の好きなものやレジャーのチケット代にすることができる制度もあります♪

社員大会

社員大会

~社員全員で一丸となって!~

ピーアークでは定期的に、全社員が集まる社員大会を開催しています。社員大会では会社の夢や方向性を改めて全員で確認し合ったり、楽しい催し物があったりと社員同士の結束を強め、世の中を楽しくするための活力を養っています。前回の社員大会は社員の家族も、アルバイトスタッフも集まって誰もが知るあのテーマパークで開催です!

ヒーロー・ヒロイン制度

ヒーロー・ヒロイン制度

~「ありがとう」の共有でモチベーションUP!~

ピーアークがお客様のお声を大切に考える象徴的な制度があります。その名も『ヒーロー・ヒロイン制度』。
各店舗にはFun Treeという木があり、その木の葉にはスタッフがお客様からもらった「ありがとうのエピソード」が書き込まれています。
この「ありがとうのエピソード」通称「Funエピ」は毎月全店から集められ、選考会にかけられます。昨年度は、その数なんと年間45,266件にもなりました。
そこから毎月選出を行い、全社員の投票で最高のエピソードを決定します。その頂点に選ばれた者をヒーロー・ヒロイン制度と称し表彰を行います。
従業員のモチベーション向上もさることながら、『ありがとう』の蓄積によるナレッジの共有、そして『ありがとう』をいただく喜びを実感し、ひいてはお客様と共に歩むマインドを育むことに繋がっています。
また、たくさんの方から集まった気持ちが【1Thank You1ワクチン】として世界の子どもたちを救うことにも繋がっています。

*ヒーロー・ヒロイン制度* PICK UP

Funエピソードグランプリ

グランプリ
ピーアーク北千住 秦野 めぐみ さん

先日、偶然目があったお客様から突然「いつもありがとう」と言っていただきました。「えっ?何にもしてないですよ」とビックリしていると、「いつもココの子達は優しく笑ってくれたり、話しかけてくれるから」とおっしゃる姿が少し寂しそうに見えました。「何かありましたか?」とお尋ねすると「息子夫婦と孫と暮らしているけど、息子夫婦は仕事でいないし、孫はもう大きいし・・・。私はまだまだ元気で、料理が好きだから色々作ってあげたいんだけど、食べてくれる人がいないでしょ。いつも一人だからパチンコしにきちゃうのよ」と教えてくださいました。私は、正直どうお答えすればよいのか分かりませんでしたが、嫁に行くとき母から「義祖母には何でも『おばあちゃん!おばあちゃん!』って、もし知っていることでも『教えて!』って頼りにしてればいいのよ!お年寄りは若い人に頼りにされるのが生きがいなのよ。それが上手くやるコツね」と言われたことを思い出しました。だから、たまたま最近もらった栗があってどうやって食べようか迷っていたので、お客様に「栗ってどう料理したらいいんでしょうか?」と伺ってみました。すると嫌な顔せず丁寧に教えてくださいました。今はネットで何でも分かる時代ですが、お客様の表情が和らいだのを見た時に「お尋ねして良かった」と思いました。後日、お客様に栗ごはんが上手にできたことを報告したら喜んでくださり「また教えてくださいね!」とお伝えすると「いつでも言ってね!」と嬉しそうにおっしゃってくださいました。先日とは全く違う表情が見られたので、また困った時は聞いてみようと思いました。

グランプリ本人コメント

何か特別なことをしたわけでもなかったので、グランプリに選んでいただいたことに正直びっくりしています。
日頃からお客様とは、パチンコの話より、たわいのない世間話をすることが多く、今回のエピソードも遊技台やパチンコには全然関係ない話ですが、それでもいいんだなと自信がつきました。これからも私なりのスタイルでお客様のお気持ちを考えながら、仕事をしていきたいと思います。

選出理由

  • 困っている方に何かして差し上げたいという想いは誰にでもあると思います。でもこのエピソードは、多くの人が、返答に困ってしまったり、共感してさしあげるまでで終わってしまいがちなところを、プライベート体験まで掘り下げて「目の前のお客様に何か力になれないか」とする姿勢に脱帽しました。
  • お客様の寂しげな表情を見逃さなかったこと、さりげない心づかいでお客様の表情を和らげたエピソードが素晴らしいと思いました。
  • お客様と遊技以外のことでお話ができることは素晴らしいですね。嬉しそうにされているお客様の姿も目に浮かびます。

Funエピソードグランプリ

準グランプリ
ピーくんステージ(現ピーくんファン)石坂 卓也 さん

約20年ぶりにご来店された女性のお客様が、生まれて初めてご遊技される娘様と一緒にご来店され、自店で取り組んでいる「初めて講座」の最初のお客様となっていただけました。
どんな遊技台で遊びたいかお伺いすると、なるべく簡単な台で、周りに他のお客様がいない方が良いとのこと。「おたばこは吸われますか?」とお尋ねすると「吸わない」ということでしたので、禁煙コーナーをご案内すると笑顔で「ここにする!」とおっしゃっていただけました。次に遊技台の選定。ちょいパチコーナーが満席でしたので、遊パチの海物語をご遊技していただきました。遊技の説明をしている時にちょいパチコーナーに空台が出たので「さらに遊びやすい台が横並びで空いたのでいかがですか?」とご案内したところ、ご移動されました。自分の経験から「慣れないと手に力が入って汗をかいたりしませんか?」とお話しすると、「そう!力が入っちゃうわ」とおっしゃったので「よろしければお使いください」とおしぼりをお渡しし、レクチャーしている最中になんと大当たりを引かれました!
大当たりされた際には私も本当に嬉しく、一緒になって大喜び。最後まで楽しく会話をさせていただき「またご来店いただけるときがございましたら、ぜひ私にお声かけください」とお伝えすると、お客様から「最後まで丁寧にありがとうございました。また来ますね」と笑顔を頂きました。

準グランプリ本人コメント

遊技人口が減っている中、このエピソードのように、ゼロからイチを生み出すことをどんどんやっていきたいと思っています。お客様からは、「ピーアークだったら安心して遊べる」というありがたいお言葉も頂いています。これからも、パチンコをやるやらないは関係なく、地域に根付き、お客様に安心安全を感じていただけるように意識しながら仕事をすすめていきたいと思います。

選出理由

  • 新たなパチンコファン獲得に向けた素晴らしいアプローチで、店舗や企業の姿勢にも繋がると思います。
  • 20年ぶりのお客様と初めてご遊技されるお客様のグリップ、お客様に合わせてご案内できているところが良いなと思いました。
  • お客様の不安を取り除いただけでなく、共感や気遣いなど細かいところまで「お客様のため」にという心遣いが伝わってきます。
  • 新しく遊技していただける方を生み出すのが難しい時代に、ナイスな対応だったので選びました。

2018新入社員のページ

2018新卒社員のページ

~昨年の就活生がピーアークをご紹介♪~

入社したばかりの新入社員が、ピーアークの魅力やこれからの夢をご紹介いたします!
※こちらは昨年度の引用です。参考までにご覧ください。

2018年新入社員のページはこちら

若手社員のブログはこちら

フォトアルバム オンもオフも楽しむスタッフたちの一コマ♪