TOPに戻る ピーくん



活動報告 -ピーアークの社会活動-




  • すべての年度
  • すべてのカテゴリ

With you ページに戻る

2011年12月02日

岩手県産株式会社様より感謝状を頂きました

11月25日(金)、ピーアークの「東北物産フェア」を通して岩手の物産品を購入してくださったお客様へ、岩手県産株式会社様より感謝状を頂きました。

さらに和嶋社長から、下記のお言葉も頂戴いたしました。

『震災以降、一気に売上が下がり、どうなることかと思っておりましたが、御社とお客様はじめ、首都圏の方々のご支援により前年を上回るほどの売上となりました。心から御礼申し上げます。 一方で、震災から8ヶ月が経過し、被災地以外では震災の記憶がだんだんと薄れ、下期の売上は減少傾向にある中で、御社のように継続性をもって取り組んでくださる企業があることが、被災した企業の再興の大きな力になります。これからも変わらぬご支援をよろしくお願いいたします。 』

またピーアークより、東北物産フェアにご協力いただいたお客様から頂いた応援メッセージ色紙を和嶋社長にお渡しいたしました。

ご協力いただきました皆様に心より感謝申し上げると共に、東北に元気を届ける「東北物産フェア」を今後もよろしくお願いいたします。

岩手県産株式会社様より感謝状を頂きました1

岩手県産株式会社様より感謝状を頂きました2

2011年11月09日

仙台市の小学校運動会を訪問しました

10月29日(土)、ピーアークボランティア隊5名が、with you活動の一環として、仙台市の六郷中学校を訪問しました。

現在は、幼稚園・小学校・中学校の各児童・生徒たちが同じ校舎を使って授業を受けており、中学校のグラウンドを使って運動会が開催されたのですが、その中で「ピーアーク縁日」を出展しました。

運動会終わりに続々と子どもたちが集まってきましたが、運動会でがんばった後とは思えないほど元気いっぱいで、輪投げや射的、ポップコーンなどの屋台にも大興奮。
長蛇の列ができ、会場は楽しい笑顔でいっぱいになりました。

たくさんの景品を手にした子どもたち。今回の運動会が楽しい思い出のひとつとなることを願っています。

ピーアークグループでは、今後もwith you~あなたの笑顔が、がんばる元気に~の一環として、支援活動を行ってまいります。

仙台市の小学校運動会を訪問しました1

仙台市の小学校運動会を訪問しました2

仙台市の小学校運動会を訪問しました3

2011年10月07日

草加、所沢で岩手まちなか産直

10月1日(土)~3日(月)、ピーアーク草加、ピーアーク所沢の店頭スペースで、サーキュリンクス株式会社様による、岩手まちなか産直が行われました。

これは、「震災からの復興に向けて歩み出した岩手の小さな生産者や事業者へのエールとして実施したい」という趣旨に賛同し、両店の店頭スペースをお貸しして実施されたものです。

当日は、産地直送の厳選素材が並び、「美味しそうだから」「買うことで支援にもつながるのならば」と弊社のお客様のみならず、たくさんの町の皆さんが購入してくださいました。

今後も各所で同様の販売を行う予定とのことです。 皆様も是非一度、お立ち寄りください。

草加、所沢で岩手まちなか産直1

草加、所沢で岩手まちなか産直2

草加、所沢で岩手まちなか産直3

2011年10月07日

東松島地区の保育所を訪問しました

9月30日(金)、ピーアークボランティア隊より2名が、支援活動の一環として宮城県仙台市東松島の保育所を訪問いたしました。 被災した地区では、公民館などを仮施設として保育所を運営していますが、予算上の理由、保育士の不足などのために運動会や夏祭りができない状況にあるそうです。

今回は、NPO法人ガイア・イニシアティブさん、ロナウジーニョ財団さんなどと鳴瀬地区保育所、赤井南保育所を訪問し、約170名の園児とともに、プレゼントしたボールを使ってのアクティビティやダンスを行いました。ボールを受け取った際の笑顔、無邪気にはしゃぐ子どもたちの姿に私たちも元気をもらったと共に、今後も可能な限りの活動を続けていきたいと思いを新たにいたしました。

被災地支援活動ページでお伝えしておりますロナウジーニョ財団への寄付金も、上記の活動等に活用されていることをご報告いたします。今後もWith you~あなたの笑顔が、がんばる元気に~の一環として、支援活動を行ってまいります。

東松島地区の保育所を訪問しました1

東松島地区の保育所を訪問しました2

東松島地区の保育所を訪問しました3

2011年10月01日

2011年10月以降の節電対応について

2011年7月1日~9月30日までの期間、電力不足と社会的情勢を鑑み、ピーアークグループとして業界指針であった 「節電マイナス25%」に取り組み、前年同月比で以下のように削減を達成したことをご報告いたします。

最大使用電力1日平均削減率
7月 8月 9月
30.7% 35.4% 28.6%

※ 2010年9月時点電力監視システム導入32店舗対象

今夏の電力安定供給が確保できたとの判断で9月9日をもって大口需要家への電気使用制限が解除され、巷間では鉄道の通常ダイヤへの変更、自動販売機の照明点灯など通常の状況に各業界もシフトしつつあります。
これらの状況を考慮し、当業界でも、節電中外灯が消灯していることにより問題となった“安全・防犯上の課題”“夜間の店舗視認性の課題”を考慮し、外壁照明、外灯の一部を再点灯させることを決定いたしました。 ピーアークグループとしましても、業界の方針に従い節電体制を維持しつつ、10月より一部外部照明の再点灯を実施いたします。
なお、以下の項目につきましては今後も継続的に実施し、電力が逼迫することが予測される場合、または業界や都県協会としてさらなる節電目標や指針が示された場合には、より一層の節電に取り組んでまいります。

  •  室温のコントロール(28℃設定および送風)
  •  バックヤードの照明OFF、空調温度管理
  •  店内照明間引き

お客様にはご不便をおかけいたしますが、引き続き、ご理解・ご協力いただけますようお願い申し上げます。


TOP