TOPに戻る ピーくん



活動報告 -ピーアークの社会活動-




  • すべての年度
  • すべてのカテゴリ

With you ページに戻る

2014年03月28日

ピーくんチャリティー寄付金をお渡ししました

~Fun for the Area 活動報告 ご協力ありがとうございました~

ピーアークホールディングス株式会社(代表取締役社長 庄司正英)では、グループ全店でお客様が景品交換の際に端数となった玉やメダルでご参加いただく支援活動「ピーくんチャリティー」を実施しております。

 今回、協力先である3団体に寄付金をお渡しいたしました。また、2月からは新たな協力先として、被災地の子どもたちに学習と自立を促す放課後学校「コラボ・スクール」へのチャリティー支援をスタートさせました。皆様の温かいご支援とご協力に厚く御礼申し上げます。

                 記

実施期間  
2013年2月~2013年12月

寄付先  
◆認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会  
317万8689円
ミャンマー・ブータンをはじめとした地域で、ポリオ(小児マヒ)などの感染病を予防するワクチン及び関連機器、輸送設備等の購入に使用されます。

◆公益財団法人スペシャルオリンピックス日本  
305万6268円
活動を充実させるためのボランティアコーチやトレーナー育成、アスリートの成果発表の場となる全国大会の開催や、世界大会への選手団など事業全般に使用されます。

◆+1の森プロジェクト(特定非営利活動法人ガイア・イニシアティブ)  
135万7121円
「ピーくん+1の森プロジェクト」として、森林整備を待つ長野県王滝村の森の下草刈りや間伐を行い、森や木々を元気にする活動に使用されます。

ピーくんチャリティー寄付金をお渡ししました1

ピーくんチャリティー寄付金をお渡ししました2

ピーくんチャリティー寄付金をお渡ししました3

2013年12月03日

「1Thank You 1ワクチン」寄付金をお渡ししました

~ひとつの「ありがとう」が1人分のポリオワクチンに~

ピーアークホールディングス株式会社(代表取締役社長 庄司正英)は、2013年4月より、お客様から・仲間から・街から頂いた「ありがとう」1つにつき1人分のポリオワクチンを寄付する「1Thank You 1ワクチン」をスタートいたしました。

 今回、4月~9月に頂いた19620の「ありがとう」に感謝の気持ちを乗せ、ポリオワクチン19620人分を寄付いたしました。世界中の子どもたちがもっと笑顔になるよう、これからも「1Thank You 1ワクチン」を続けてまいります。
 

                                          記

寄付総額  ポリオワクチン19,620人分(総額392,400円)
寄付先   認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会(JCV)
 

【1Thank You 1ワクチン】活動について

私たちにとって「ありがとう」は最高のFun for Lifeであり、頂いたありがとうを全社で共有する「Funエピソード活動」を約4年にわたり行ってまいりました。今年度より、その1つひとつに感謝の気持ちを乗せ、頂いたありがとうの数だけワクチンを送る活動を始めました。

「1Thank You 1ワクチン」寄付金をお渡ししました1

「1Thank You 1ワクチン」寄付金をお渡ししました2

2013年09月09日

SONイベント 「第3回エールランin国立競技場」に参加しました

9月4日(水)、ピーくんチャリティーで応援している公益財団法人スペシャルオリンピックス日本のチャリティイベント「第3回エールランin国立競技場」に有志12名が参加しました。

今回は、去年を大幅に上回る853名が参加されました。アスリートの聖地である国立競技場で、11月にオーストラリアで開催される世界大会などに向け頑張るアスリートの皆さんへ想いを届けながら4人1チームの駅伝に参加しました。

東京開催が決まった2020年夏季オリンピックに向けこの競技場は生まれ変わります。
ピーアークグループでは、これからもスペシャルオリンピックスと頑張るアスリートの皆さんを応援いたします。

SONイベント 「第3回エールランin国立競技場」に参加しました1

SONイベント 「第3回エールランin国立競技場」に参加しました2

2013年07月04日

平成25年度 ピーアークグループ夏季節電への取り組み

ピーアークホールディングス株式会社(代表取締役社長 庄司正英)は、2007年度より電力監視システムを導入し、独自に省エネへの取り組みを進めております。2013年度夏季につきましても、政府からの節電要請、また東京電力を含む9社から管内における節電要請をうけ、最大使用電力▲15%を目標に、引き続き省エネ活動に取り組むことをお知らせいたします。

 

 

1.夏季節電実施期間      7月1日~9月30日

2.節電数値目標

  平成22年度対比           最大使用電力(kw)▲15%

                 電気使用量(kwh)▲15%

 

3.取組み内容 

  ①エネルギーマネジメント担当者による管理および従業員による節電活動の継続

  ②店内照明の一部消灯、室温26℃実温管理

  ③外部照明及びネオン等、時間帯による消灯及び照度調整

  ④専門業者による空調設備点検・薬品洗浄、室外機への散水実施

  ⑤消費電力の少ない最新の飲料自動販売機への入替促進

  ⑥環境省推進の「ライトダウン2013」活動への協力

「ライトダウン2013」…環境省が推進している活動で、6月21日(金)夏至の日と、7月7日(日)七夕の日の20:00~22:00に参加企業がライトダウンを実施する取り組みで、ピーアークでは全店で、外部照明のライトダウンを実施いたします。

その他、エネルギー省力化に向け、LED照明設置の推進・太陽光パネル設置、室外機自動散水設備の順次導入を進めております。

2013年04月30日

福島県須賀川市「ミス牡丹」がPガーデンを訪問 ~交流の証・牡丹の苗木を頂きました~

4月23日(火)、ピーアーク銀座ネオの屋上農園「Pガーデン」に、福島県須賀川市より「ミス牡丹」の皆様にご訪問いただきました。

弊社では、「銀座ミツバチプロジェクト」の活動を通じて、須賀川の特産品を景品として取り揃えたり、ハーブをはじめとした須賀川産の苗木をPガーデンで育てるなど交流を続けております。今回は交流の記念として、Pガーデンに牡丹の苗木を頂きました。

 震災の影響や風評被害で一時は作物の出荷等に影響が出ていた同市ですが、復興と元気を取り戻す活動を積極的に行っておられます。ピーアークグループでは今後も、須賀川を初めとする東北地方の元気のために、活動を続けてまいります。
 

※「銀座ミツバチプロジェクト」とは・・・ミツバチの飼育を通じて、銀座の環境と生態系を感じるとともに、採れたハチミツを用いて銀座の街と共生する団体です。当社では、このプロジェクトに賛同し、ミツバチが受粉するための屋上農園「Pガーデン」をピーアーク銀座ネオの屋上に設けました。

福島県須賀川市「ミス牡丹」がPガーデンを訪問
~交流の証・牡丹の苗木を頂きました~

1

福島県須賀川市「ミス牡丹」がPガーデンを訪問
~交流の証・牡丹の苗木を頂きました~

2


TOP