TOPに戻る ピーくん



With you -ピーアークの社会活動-




P ARK あなたの笑顔が、がんばる元気に With you

環境活動

節電の取り組み

ピーアークグループでは、2007年より電力監視システムを導入し、独自に省エネへの取り組みを進めてまいりました。このシステムは、時間毎の使用電力量(kwh)を記録するとともに、節電目標値として掲げた最大使用電力(kw)に近づくとアラームを発する機能を有しており、リアルタイムでの電力抑制を行っております。
現在、電気使用制限等は解除されておりますが、電力不足と社会情勢を鑑み、必要な節電対策を引き続き行っております。また、太陽光発電パネルを用いた自家発電による対策も実施しております。

節電の取り組み

屋上農園「Pガーデン」

ミツバチの生態系を守り、都市と環境の共生を目指す「銀座ミツバチプロジェクト」に賛同し、ピーアーク銀座ネオ屋上に「Pガーデン」を作りました。ミツバチが安心して受粉できる環境を整えるとともに、苗植え、収穫等を通して様々な人々との交流も生まれています。

屋上農園「Pガーデン」

最新活動報告

2017年06月14日

全国一斉ライトダウンに参加します

ピーアークグループでは、環境省が推進する「ライトダウンキャンペーン」に賛同し、6/21(水・夏至の日)の夜8時から10時までの2時間、ピーアーク各店の外部照明と看板の消灯を実施いたします。(安全性の確保ができない箇所は除く)

 

ご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。

「ライトダウンキャンペーン」とは…

環境省が2003年から実施する、地球温暖化防止のためにライトアップ施設や各家庭の照明の消灯を呼び掛ける取り組みです(「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」)。

☆ライトダウンキャンペーンHP https://ondankataisaku.env.go.jp/coolearthday/

全国一斉ライトダウンに参加します1

2016年06月14日

全国一斉ライトダウンに参加します

ピーアークグループでは、環境省が推進する「ライトダウンキャンペーン」に賛同し、6月21日(火・夏至の日)と7月7日(木・クールアース・デー)両日の夜8時から10時までの2時間、ピーアーク各店の外部照明と看板の消灯を実施いたします。(安全性の確保が出来ない箇所は除く)

ご理解とご協力の程お願いいたします。



「ライトダウンキャンペーン」とは…

環境省が2003年から実施する、地球温暖化防止のためにライトアップ施設や各家庭の照明の消灯を呼び掛ける取り組み(「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」)。今年は、期間を6月21日から7月7日までとし、特に6月21日(夏至の日)と7月7日(クールアース・デー)両日の夜8時から10時までの2時間を特別実施日として設定し、全国の参加団体や施設、各家庭で照明の一斉消灯が行われます。

「クールアース・デー」とは・・・

天の川を見ながら、地球環境の大切さを日本国民全体で再確認し、年に一度、低炭素社会への歩みを実感するとともに、家庭や職場における取り組みを推進するための日。2008年のG8サミット(洞爺湖サミット)が日本で7月7日の七夕の日に開催されたことを契機に、毎年7月7日がクールアース・デーと定められました。

全国一斉ライトダウンに参加します1

2014年06月20日

平成26年度 ピーアークグループ夏季節電への取り組み

ピーアークホールディングス株式会社(代表取締役社長 庄司正英)は、2007年度より電力監視システムを導入し、独自に省エネへの取り組みを進めております。2014年度夏季につきましても、政府や経済産業省からの節電の協力要請を受け、最大使用電力▲15%を目標に、引き続き省エネ活動に取り組むことをお知らせいたします。
 

 

◇節電実施期間         7月1日~9月30日

 

◇節電数値目標

平成22年度対比      最大使用電力(kw) ▲15%

                              電気使用量(kwh) ▲15%

 

◇取組み内容 

  ①エネルギーマネジメント担当者による管理および
    従業員による節電活動の継続
  ②店内照明の一部消灯、室温26℃実温管理
  ③外部照明及びネオン等、時間帯による照度調整
  ④専門業者による空調設備点検・薬品洗浄、
      室外機への散水実施
  ⑤環境省推進の「ライトダウン2014」活動への協力

「ライトダウン2014」…環境省が推進している活動で、特に特別実施日として6月21日(土)夏至の日と、7月7日(月)七夕の日の20:00~22:00に参加企業がライトダウンを実施する取り組みです。その他、エネルギー省力化に向け、LED照明設置の推進・太陽光パネル設置、室外機自動散水設備の順次導入を進めております。


TOP